2012年2月13日月曜日

futuroでのライブを終えて

先日の「ちあきひこ」さんによるfuturoでの銀レコード企画に来てくれた皆様、そして出演者の皆様、本当にありがとうございました。
僕自身、久しぶりの本格的なライブという事もあって色々と心配な部分はありましたが、あんなに良いイベントに出演させてもらえてとても楽しかったし嬉しかったです。ていうか、たぶん今まで僕が経験してきたイベントの中で音楽的に一番充実してたなぁていう一日でした。
ちょっとライブレポートみたいになってまうけど、どんな感じやったか少し書いとこうと思います。
今回のイベントは企画者である「ちあきひこ」さんからスタートしました。僕は彼の音楽がほんまに大好きで、久々に聴く事ができてほんとに幸せになれました。彼が演奏すると空間が彼の音楽で満たされていくのが感じられるし、彼の繊細な部分が伝わってきます。いつか僕も彼みたいな演奏者になれたらなと聴くたびに思います。
2番目が「バク」さんと「ウォン」さんから成るデュオ、「バクウォンズ」さんでした。僕は彼らの音楽を聴いたのは初めてやったんですけど、彼らの音楽は情熱的でオリジナリティーに溢れてて音楽的にもとても面白くて僕は圧倒されるばかりでした。今まで触れた事のない音楽やったんでこのイベントで彼らの音楽を聴く事ができてほんまに良かったです。
そんで3番目が僕たち「新世界横丁」やったんですけど僕ら以外の出演者の方々が凄すぎて、完全に埋もれてしまいました。久しぶりのライブってのもあってミスも多かったし、また少しずつ進んで行かねばと感じました。
そして最後が「とりおとるお」さんというバイオリンとエレクトリックパーカッションと舞踏
というちょっと変わったトリオでした。何か俗的な言い方になってしまうけど「とりおとるお」さんの演奏+舞踏の世界観がすばらしくて僕のボキャブラリーでは言い表せないくらい感動しました。
ざっくりとですがこんな感じのイベントだったんですが本格的な復帰ライブ一発目としてはもったいないくらいすばらしい一日でした。写真とか撮ってたら良かったんですが完全に忘れてたんでこの日聴きに来れなかった方は僕の拙い文章からこのイベントを想像して楽しんで下さい(笑)



0 件のコメント:

コメントを投稿